member (2017.4現在)

教授 廣明秀一 准教授 兒玉哲也  特任助教 天野剛志  研究員 天野名都子・重光佳基 大学院生 堀・三田村・中野・榎本・大石・林・久田・細川 卒研生 平沼  ・構造分子薬理学分野では、NMR・インシリコハイブリッド創薬や次世代核酸医薬創製に興味のある大学院生と学部学生(含む外研生)を募集しております。ご質問はスタッフの廣明・天野(NMR構造生物学)または兒玉(核酸医薬)まで。

・蛋白質の立体構造決定、構造予測、ディスオーダー領域予測、発現系構築や発現戦略に関する相談や、それらのことを含む共同研究の相談など、お気軽にどうぞ。

・特殊な核酸を含むオリゴマー合成や、LNA/BNAなどを用いた新たな生物学的実験については兒玉まで。

廣明 秀一 (教授) 博士(薬学)  [内線4535](創薬科学研究館506号室)

mail: hiroaki.hidekazu[_at_]f.mbox.nagoya-u.ac.jp

・タンパク質相互作用阻害剤・TJ裏打ちタンパク質を標的とした創薬研究。
・膜結合蛋白質ドメインと、その他の新規ドメインの構造生物学、ドメイン解剖学。
・NMRの新規測定法・帰属法の開発。インバース標識法など。
・・・[detail]

兒玉 哲也 (准教授) 博士(薬学) [内線2971](創薬科学研究館507号室)

mail:  kodama[_at_]ps.nagoya-u.ac.jp

・LNA/BNAに関する核酸有機化学、それを用いた次世代核酸医薬の開発。
・アンチセンスオリゴマー、アプタマーなどを用いた新しい細胞生物学的研究。
・・・[detail]

天野 剛志 (特任助教) 博士(理学) [内線6816](創薬科学研究館505号室)

mail:  tenno[_at_]ps.nagoya-u.ac.jp

・TJ裏打ちタンパク質を標的とした創薬研究。
・optineurin / NEMOの研究蛋白質
・翻訳後修飾因子(Ub/SUMO)とその認識分子の構造生物学。
・PRESAT-vectorなどの新規分子生物学的方法論の開発。
・・・[detail]

天野(合田)名都子 博士(工学) (研究員)

mail:  tenno.natsuko@f.

・高速発現系作製技術とその改良。細胞生物学実験。ファージディスプレイ。
・新規PTD配列の探索と実用化。
・・・[detail]

重光 佳基  博士(理学) (研究員)

mail: shigemitsu.yoshiki@g.
・アルツハイマー病原因物質の構造生物化学。


 

堀 公法 (M2・創薬科学研究科

mail:hori.kiminori@b.

・LIM-kinaseのPDZドメインの相互作用制御の研究。

三田村 賢吾 (M2・創薬科学研究科

mail:mitamura.kengo@i.

・ヒトゲノム由来天然変性タンパク質の産業応用と物性の研究。

榎本 雄大 (M1・創薬科学研究科)

mail:  enomoto.yuuta@d.
・核酸医薬品の研究。

中野 篤志 (M1・創薬科学研究科)

mail:   nakano.atsushi@h.
・核酸医薬品の研究。

大石 一馬 (M1・創薬科学研究科)

mail:

久田 美咲 (M1・創薬科学研究科)

mail:
・タンパク質グループ(テーマ検討中)

林 咲希 (M1・創薬科学研究科)

mail:

細川 貴史 (M1・創薬科学研究科)

mail:

平沼 みなみ(B4・理学部生命理学科

mail:  hiranuma.minami@d.

・PDZドメイン阻害剤がもたらす上皮細胞内の遺伝子発現変化

 


旧メンバー

卒業生

近田 達也 (修士)平成28年度卒

清水 沙紀 (修士)平成28年度卒

牧野 亜衣 (修士)平成27年度卒

石原 将 (修士)平成27年度卒

岡崎 寛貴 (学士)平成27年度卒 → 引き続き情報科学研究科太田研へ進学
mail:  okazaki.hiroki@h.
・ヒトゲノム由来天然変性タンパク質の医療応用の研究。

芳賀 ゆかり(学士)平成27年度卒 → 引き続き構造生理学分野へ進学
mail:  haga.yukari@e.
・膜タンパク質の構造機能解析。

野田 翔太  (修士)平成26年度卒
・タンパク質間相互作用阻害剤のスクリーニング法開発とPDZドメイン阻害剤探索

松尾 直紀 (修士)平成26年度卒
・医療応用を志向した天然変性タンパク質の研究。

百相 義大  (修士)平成26年度卒
・新規の糖部骨格構造を持つ核酸医薬品の開発と立体構造解析。

守屋 彩子 (修士)平成26年度卒
・新規の糖部骨格構造を持つ核酸医薬品の開発。

間島滉一郎(学士) 平成26年度卒→東京大学生命農学研究科
タイトジャンクションを制御する低分子薬剤の薬理学的研究

中倉由香子(修士) 平成25年度卒
タイトジャンクション制御因子LNX1のPDZドメインを標的とした創薬研究。

後藤 俊介   (H24卒)
秋吉 由佳里 (H24卒)(深江化成)
渡部 英樹
間瀬 省吾
小松 匡
中島 敦
大島 理絵子
桑原 陽太
猪股 浩介(理化学研究所)
坂越 廣之

ポスドク
梅津 喜崇(北陸先端科学技術大学院大学ナノマテリアルテクノロジーセンター
藤原 芳江(京都大学

技術補佐員
谷口 諒
里村 香織(TAOヘルスライフファーマ(株))
井上 なつみ

Updated: 2017/03/29 — 21:41
hiroaki-lab, the innovative molecular pharmacology © 2014 Frontier Theme