top

構造分子薬理学分野でNMRやドッキングシミュレーション、核酸合成などを駆使した最先端の創薬科学を学びませんか? 大学発ベンチャーの起業も準備中で、企業との活発な産学連携・共同研究・受託研究も行っております。

テーマは「タンパク質のNMR構造生物学」「インシリコ創薬(SGDD)」(廣明G)と「人工合成核酸」(兒玉G)です。詳しくはテーマ一覧をご覧ください。

現在構造分子薬理学分野では平成30年度入学の修士学生・博士(後期)学生を募集しております。研究科の公式の大学院説明会は、平成29年5月13日に開催の予定です。進学希望者は、5月8日までが申し込み期限のTOEIC L&R公開テスト第221回を受験するかそれ以前のTOEICを受験しておく必要があります。創薬ホームページの情報更新にご注意ください。

構造分子薬理学分野に見学に来ませんか? 至急、ラボ見学においで下さい。まずはメールでご連絡ください

 

Whats new !?  過去のニュースはこちら

  • 医薬品吸収促進剤の実用化を目指すベンチャー企業、BeCellBar社の起業準備中です。併せて、医薬品吸収促進剤を含む低分子タイトジャンクション制御技術を研究する小規模なコンソーシアムへの参加企業を募集しております。詳細はメールでお問合せください
  • 2016年度卒業生清水さん、廣明教授と岐阜大学上野教授チームの共同研究の人工核酸の論文がRSC Advancesに掲載されました (2017.5.18)[NEW!]
  • 廣明教授の新規モダリティの医薬品吸収促進剤に関するビジネスプランが、東海広域5大学ベンチャー起業支援. スタートアップ準備資金事業に採択されました(2017.3.30)[NEW!]
  • 創薬科学研究科・大塚北斗助教・饗場浩文教授の論文がMol. Genet. Genomics誌に掲載されました。(天野特任助教・廣明教授が一部研究協力をしております)。(2017.1.1)

お知らせ~~~廣明研の学会などへの参加情報を更新しました。掲示板をご覧ください。

  • 17.6.28より東京ビッグサイトで開催される展示会:ライフサイエンスワールド~Biotech Japan 2017~アカデミックフォーラムに、廣明研のブースを出展し、新規モダリティの医薬品吸収促進剤のプレゼンテーションを行います(関東地方にお住まいで、名大創薬への大学院進学を希望する方はぜひブースC35までお越しください)。 (2017.5.21)
  • 名古屋大学成果有体物提供のスキームまたは名古屋大学共同研究のスキームに従い、RSC Advances論文に掲載された 組換え型ヒトRNaseH1の活性ドメイン部分の提供を開始します。同論文に示されているように、人工核酸のアンチセンス活性のインビトロ評価に利用可能です。詳細はメールでお問合せください
  • 17.3.25より仙台国際センターで開催される日本薬学会第137年会で、天野剛志特任助教・廣明教授・大学院生堀君が、PDZドメインに結合する阻害薬に関する研究成果の発表を行いました。また大学院生清水さんがRNaseH1に関する発表を行いました。(2017.3.31)
  • 17.3.14(火)に岐阜薬科大学で開催された第6回岐阜構造生物学・医学・論理的創薬研究会シンポジウムで、天野特任助教が研究成果の口頭発表を行いました。(2017.3.31)
  • 17.3.6(月)に、廣明研が世話人となって、生物物理学会中部支部会2017を開催しました。ご参加どうもありがとうございました。(2017.1.31)
  • 17.1.31~2.1に大阪で開催される大阪商工会議所主催疾患別商談会DSANJに参加しました。(2017.1.31)
  • 17.1.30に日本橋ライフサイエンスハブで開催されたBRAVEビジネスコンテストで、起業予定ベンチャーBeCellBarのビジネスプレゼンを行いました。残念ながら入賞は果たせませんでした。(2017.1.31)[new!]
  • 2017年度の関連する学会の日程情報を掲載しました。(2017.1.5)。

 

  • 名古屋大学大学院創薬科学研究科 創薬分子構造学講座・構造分子薬理学分野
    Laboratory of structural molecular pharmacology,
    Division of structural biology,
    Graduate school of pharmaceutical sciences, Nagoya University.

  • 同理学研究科附属構造生物学研究センター 兼務
  • 同理学部生命理学科 兼務

2017.5.25更新

コメントを残す

hiroaki-lab, the innovative molecular pharmacology © 2014 Frontier Theme